サポートプログラム ドリームサポートプログラム サポートプログラム ドリームサポートプログラム

ドリームサポートプログラムとは?

未来につながる第一歩 未来につながる第一歩

夢を実現するためには、決してあきらめない情熱が必要です。
しかし、現実的には情熱だけで大きな夢を実現できるわけではありません。
例えば、実績が国際レベルでありながらも、様々な要因で競技継続が困難なアスリートは大勢います。
このプログラムでは、サポートするスポンサー企業様ご協力のもと、本気でスポーツの夢を追い求めるアスリートを支援し、世界への挑戦をサポートいたします。

年間の活動予定

9月頃 サポートアスリート募集開始
1月頃 アワードにてサポートアスリートとしてご紹介
サポート期間中 毎月1回HDP事務局への活動報告を行う
翌年1月頃 アワードにて年間の活動報告を行う

※上記日程は全て予定となります。変更となる可能性もございますので、予めご了承下さい。

※アワードの開催月は、年によって異なります。

※原則、選考・結果のご連絡は順次行います。冬-春にかけてサポートが必要な方はお早めにご応募下さい。

自分を信じて、いざ挑戦 自分を信じて、いざ挑戦

ドリームサポートプログラムでは、未来ある若いアスリートたちを支援してきました。
これからも様々なジャンルのスポーツで未来を創るアスリートを支援してまいります。
未来のスポーツ界を担う彼らの成長ストーリーを、是非以下からお読み下さい。

2016-17年度 サポート選手

谷口 由夏(たにぐち ゆうか)

谷口 由夏
年齢 17歳
競技年数 9年間(柔道のみ)
競技種目 柔道(レスリングより転向)
実績 2015年 ・JOC杯全日本ジュニアレスリング選手権 カデット52kg級:準優勝
・ジュニアクイーンズカップ カデットの部 52kg級:3位
・インターハイ個人戦 女子 52kg級:準優勝 2016年 <柔道に転向>
・インターハイ大阪府予選:準優勝
・大阪高校女子柔道体重別選手権大会:優勝
・大阪高校柔道新人柔道大会 兼 全国大会予選:優勝
コメント 2017年度も引き続きサポートして頂き心からお礼申し上げます。今年は全日本ジュニアで優勝し講道館杯、グランドスラムに出場し優勝します。去年の年末から柔道に集中できるようになり、準優勝2回、優勝2回で全国大会に出場できるまでになりました。今後は、全国の大学や実業団に出稽古に出かけ、様々な相手と戦うことで自分に一番足りない経験値をたくさん積み、強化して行きます。東京オリンピックまでの四年間さらなる応援、サポートをよろしくお願い致します。
支援内容 国内外の遠征費の一部、およびサプリメント費

谷口由夏の挑戦 2016-17活動レポート

高田 裕士(たかだ ゆうじ)

高田 裕士
年齢 32歳
競技年数 14年間
競技種目 陸上競技(聴覚障がい)
実績 2015年 ・日本聴覚障害者陸上競技選手件大会 400mハードル:優勝
・アジア太平洋ろう者競技大会 400mハードル:準優勝 2016年 ・第3回世界ろう者陸上競技選手権大会 400mハードル:決勝5位入賞
・日本聴覚障害者陸上競技選手権大会 400mハードル:優勝
コメント 身体に障がいがあっても夢を持ち、一生懸命努力すれば、その夢が実現できるということを私自身の経験、結果を残すことを通して、皆様に伝えていきたいと思っております。そして、障がいの有無に関わらず、多くの人に感動や勇気を与えるとともに、「夢を持つことの大切さ」、夢や目標があるからこそ苦しいことに耐えられ乗り越えることができるということを、伝えていきたいと思っております。
 私たち夫婦が競技活動にかかる経済的負担を減らすことができ、また年々成績を伸ばし続けることができているのも、HDP及びHDPのスポンサー企業様のあたたかいご支援のおかげです。今年は、日本人男子短距離史上初のデフリンピック・メダリストを目指して、全力で駆け抜けますので、応援よろしくお願い致します。
支援内容 国内外の遠征費の一部、サプリメント費

高田裕士の挑戦 2016-17活動レポート

高田 千明(たかだ ちあき)

高田 千明
年齢 32歳
競技年数 10年間
競技種目 陸上競技(視覚障がい全盲クラス)
実績 2014年 ・アジアパラ競技大会 走り幅跳び:決勝2位 2015年 ・IPC2015陸上競技世界選手権大会 走り幅跳び:10位 2016年 ・リオデジャネイロパラリンピック 走り幅跳び:決勝8位(日本新記録)
・リオデジャネイロパラリンピック 100m走 予選4着(日本新記録)
コメント この度は、このような素晴らしいサポートの機会を頂きまして、誠に有難うございます。一昨年はIPC 陸上競技世界選手権大会10位でした。パラリンピック出場前からご支援頂いており、「なんとしてもパラリンピックに出場し、メダルを獲得して応援してくださった方々へ恩返しがしたい」という熱い思いで競技活動に取り組んでいました。
今回メダル獲得こそ叶いませんでしたが、ようやくパラリンピック出場を達成することができました。今は、2020年東京パラリンピックで、皆様の目の前で世界一になって、「感謝の気持ちを伝えたい」「恩返しがしたい」と、4年後を見据えてトレーニングを行っています。また自分の成績や活動が、多くの方々の力になったり、自身の持つ可能性に気付くきっかけになってくれればと思っています。
今後も全力で競技活動に取り組みますので、応援よろしくお願い致します。
支援内容 国内外の遠征費の一部、トレーニング施設利用費、スポーツ用具費

高田千明の挑戦 2016-17活動レポート