スポーツ用具支援活動 スポーツ用具支援活動

スポーツ用具支援活動とは?

スポーツ用具支援活動とは? スポーツ用具支援活動とは?

ボール、ユニフォーム、練習着、スパイク、運動靴、グローブ、ラケット...。もう古びて使わなくなったもの、倉庫で眠っているものでも、物資の恵まれない国では貴重な宝物です。
このプログラムは物資に恵まれず、普段なかなかスポーツに接することができない子供たちに、皆様から届いたスポーツ用具を届け、スポーツの環境作りを支援する活動です。
日本・アジアの子供たちに、皆様の熱い想いをお届け致します。

SPORT FOR TOMORROW 認定事業です

スポーツ用具支援活動が、SPORTS FOR TOMORROWに事業認定されました。外務省やスポーツ庁、日本オリンピック委員会や加盟しているその他の様々な民間企業とも連携し、より一層スポーツを通した国際貢献活動に取り組んでまいります。

SPORT FOR TOMORROW SPORT FOR TOMORROW

SPORT FOR TOMORROW 活動レポート

活動概要

このプログラムでは、スポーツの未来をつくる子供たちへ、皆様からのスポーツ用具を届けています。
フェーズ1~3と段階を経て、これまで進めてきました。沢山の方々からの協力のもと、これからも次世代のスポーツを担う子供たちへ、スポーツの楽しさ、達成感、感動を伝えていきます。

PHASE 01 送る
  • STEP1一般の方からスポーツ用具を集める。
  • STEP2スポーツ用具を日本アジアの必要な場所へ送る。
  • STEP3スポーツ用具に触れ、スポーツの楽しさを知る。
PHASE 02 学ぶ
  • STEP4子供たちにスポーツのルールを教える。(オリジナルルールブック、フラッグ、紙芝居の作成)
  • STEP5覚えたルールを元に試合や練習を試みる。
  • STEP6試合や交流会の活発化。
PHASE 03 教える
  • STEP7指導できる人材の発掘。
  • STEP8指導できる人材の育成。
  • STEP9スポーツが活性化し、国際交流。

PHASE 01「送る」

環境に恵まれず、普段なかなかスポーツに接することができない子供たちに、一般の方から届いたスポーツ用具をアジアを中心とした国々へ 届け、スポーツの環境づくりを支援しています。

PHASE 01「送る」

PHASE 01「送る」

PHASE 02「学ぶ」

これまでにスポーツ用具を届けてきた国や地域には、用具に触れることすら初めてという子供達が数多くいます。そんな子供たちにルールブックを作りました。
また、ルールブックの前に紙芝居で物語を読み聞かせることで、子供たちの興味をよりひきつけ、同時に夢を持って貰おうと思いつくりました。
そして当初はルールブックを作成しようと企画しておりましたが、本ですと耐久性の問題や、人数分の本を用意するなど問題点が出てきましたので、厚いビニールに印刷したルールフラッグ形式にしました。「サイズが大きく、大人数で見れる。」、「紙に比べ耐久性がある。」、「紛失しにくい。」等、用具を届ける地域の環境を考慮したものが出来上がりました。
制作は、一般公募より当時九州大学に在籍していた長野さん、種子島さん、千さん、二田さん、監修に日本サッカー協会様、NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン様のご協力により、完成致しました。

PHASE 02「学ぶ」

PHASE 02「学ぶ」

ルールブック制作プロジェクト

PHASE 03「教える」

このフェーズではスポーツ指導者を派遣し、指導できる人材の発掘・育成を行っていきます。
そして将来、スポーツが活性化し指導者となったこの子供たちと、スポーツを通じた国際交流を盛んにしていくことを目指して参ります。

PHASE 03「教える」

PHASE 03「教える」

※フリー・ザ・チルドレン・ジャパン 様
※AEFA アジア教育友好協会 様