荒木重雄 荒木重雄 プロフィール 1963年群馬県桐生市生まれ。青山学院大学大学院国際マネジメント課修了。日本IBM、欧米の外資系通信会社等を経て、2005年1月より千葉ロッテマリーンズ企画広報部長に就任、同11月に事業部長、2007年11月より現職。パリーグ6球団の共同事業会社 パシフィックリーグマーケティング株式会社の取締役兼執行役員を兼務

メッセージ もともと私はいわゆる野球小僧で、ユニフォームを着て球団に入りたかったのですが、実力及ばず、夢破れてからは外資系通信会社で20年近くサラリーマンとしてビジネススキルを磨いてきました。そして2004年、スポーツマネジメントスクールに参加したことをきっかけに、千葉ロッテマリーンズとの接点をもち、縁あって入社することとなりました。
これまでのキャリアの中で培ったITスキルや経営スキル、そして英語スキルの中で、以外にも役に立っているのが「英語力」です。外国人監督とのコミュニケーションはもちろんのこと、海外リーグ、クラブとの情報交換や提携、さらには、全ての事業分野において海外スポーツリーグ、クラブの事例を参考にしていない領域はないほど、常に海外からの情報収集、そして英語でのコミュニケーションは日々の業務に欠かせなくなってきています。
このHoshino Dreams Projectは、アメリカのスポーツビジネスフィールドで、インターンシップを通じてスポーツマネジメントを学びながら、英語や国際感覚をも磨ける、まさに「夢」のプロジェクトではないでしょうか。将来このプロジェクトから1人でも多くの優秀な人材が育ち、日本のスポーツビジネスフィールドで大活躍してくれることを願っております。