有森 裕子 有森裕子 プロフィール 1966年岡山県生まれ。就実高校、日本体育大学を卒業して、(株)リクルート入社。バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得。2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン『東京マラソン2007』で、プロマラソンランナーを引退。1998年NPO「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表就任。2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ」設立、取締役就任。現在、国連人口基金親善大使、日本陸連理事、国際陸連(IAAF)女性委員、他。米国コロラド州ボルダー在住。

メッセージ 私は常々スポーツは、技術やパフォーマンスを追求するものと同時に、そのもたらす素晴らしい影響をもっと色々な形で表現されるべきだと思っています。このプログラムが出来ることによって、野球界だけでなくスポーツ全体、社会全体に夢や目標を持つ活動に発展するとともに、スポーツ自体のもつ可能性が大きく広がってゆく事を願っています。