鹿取 義隆 鹿取義隆 プロフィール 1957年3月10日 高知県生まれ。高知商業高校-明治大学と進み、1979年に読売ジャイアンツに入団。1987年には、63試合のリーグ最多登板でジャイアンツのリーグ優勝に貢献する。1990年から1997年まで西武でプレー。1990年には優秀救援投手に贈られる「ファイアマン賞」を受賞。現役引退後の2001年、米国マイナーリーグへのコーチ留学を経て、ジャイアンツの総合ヘッドコーチに就任。投手陣の再建を図り、セ・リーグ1位のチーム防御率で優勝に導く。2006年には、WBC日本代表の投手コーチに就任し、世界一の称号を手にする。
現在は、メディア等で野球評論家として活躍している。

メッセージ 皆さんに頑張ってもらいたい、というのは大前提にあります。私も以前に、米国大リーグのマイナーチームでコーチの経験をさせていただいたことがありまして、その時に感じたことは、やはり日本だけでなく海外の異文化や、様々な人々との関わりを多く持つことでより視野が広まりますので、どんどんグローバル化してもらいたいと思います。
時には苦しいこと、辛いこともあるかもしれませんが、後には物事が色々な角度から見られるようにもなり、それが皆さんの後々の人生において財産となりますので、是非トライしてみて下さい。