北矢宗志 北矢宗志 プロフィール 昭和54年5月17日生まれ。千葉県出身。教諭(武蔵野東技能高等専修学校 体育科)

ライフセービング競技成績
RESUCUE06ライフセービング世界選手権日本代表ビーチフラッグス:準優勝
ビーチスプリント:第5位
インターナショナルライフセービングカップ日本代表 主将ビーチフラッグス:第3位(06)、準優勝(08)
レスキュー・チューブ・レスキュー:優勝(08)
2004アジアパシフィックライフセービング選手権日本代表ビーチフラッグス:優勝
ビーチスプリント:準優勝
全日本ライフセービング選手権ビーチフラッグス:優勝(03、05)
ビーチスプリント:優勝(03、05)
ビーチリレー:優勝(01、04、05、08)、準優勝(03、07)
チーム総合:優勝(03、06、07、08)
全日本ライフセービング種目別選手権ビーチフラッグス:優勝(08)、準優勝(05、06、07)
ビーチスプリント:優勝(02、04、06)、準優勝(01、05、07、08)
全日本ライフセービング学生選手権ビーチリレー:優勝(01)
大学総合:優勝(01)

メッセージ ライフセービングという活動を始めて11年の月日が流れました。出会いは大学の部活動。入部のきっかけとなったのは「愛する人を守れるか」という問い。「救えるか」ではなく、救う行為に至る「守り」という行為。海水浴場の監視だけでなく事故を未然に防ぐ日常のささやかな行為。救助に至らしめないさりげない行動。そのような精神は人間教育に必要不可欠なものであると考えています。今日の凶悪犯罪をみても分かるように生命教育の欠如が大きな問題となっているように思えます。生命の尊厳を伝え手を差し伸べる勇気を持つことで心優しい人間育成の一端になれればと思います。
私は現役を続けている中で多くの方々から支えてもらっています。その支えがあるからこそ、自分の為だけでなく、「誰かの為に頑張る」という新たな力が湧き起こってきます。一人では越えられない幾つもの山や壁を支えてくれた方々と乗り越えることが出来ました。志はあっても一歩前に進み出す勇気やチャンスに恵まれないアスリートは数多くいるのではないでしょうか。その気持ちの熱さにプロやアマ、メジャー、マイナー、学生の差はありません。私は熱い気持ちを持って取り組んでいるアスリートたちを応援します。夢は描くだけでなく、叶えるものなのです。