佐藤 直子 佐藤 直子 プロフィール テニス好きな両親のもと、生まれるとすぐにラケットに触れ、英才教育をうける。12歳で全日本15歳以下優勝。16歳から海外遠征を始め、ジュニアの部ではカナダ選手権優勝、全仏オープン3位、ウィンブルドンベスト8など。全日本室内選手権では高校生でのシングルス優勝を達成し、高校卒業までに優勝カップは100を越す。また、女子プロテニスをスタートさせたグラディス・ヘルドマンの目に留まり、アメリカのヒューストン大学に留学。1977年プロに転向。全豪オープン・シングルスベスト8、ダブルス準優勝。17年に亘ってのウィンブルドン出場などの記録は、日本ではいまだ破られていない。
現在は文部科学省・子供夢基金の助成による「佐藤直子・親子触れ合いテニス交流・体験」を日本各地で開催。また、東京と京都において「ちびっこスターズ」(幼時から小学生までのテニス教室)を開催。今でも毎日の練習はほとんどかかさず、その他テニスクリニック、講演を意欲的に行い、スポーツの楽しさ、健康的な生活を呼びかけている。天性の明るい社交性で、交際範囲は大変広く、テニス留学や海外遠征などによる豊富な経験と語学力を生かしてのテレビ、ラジオ出演から各地での公演。そしてまた、軽妙洒脱な文章による執筆は東京中日スポーツコラム「セブンアイ」でもおなじみで、 各方面で多才振りを発揮するマルチレディである。

ブログ http://naoko.blog.tennis365.net/

メッセージ スポーツ選手は選手の絶頂期に於いて、子供達の憧れの的です。しかし、引退してしまうと、生活にも困る選手さえいるという現実です。私も、後輩達の引退後の道を心配する年代になってきました。スポーツ選手として有能な人間は、往々にして一般社会でも有能であると私は信じます。ただ、私自身の反省も含めてスポーツ選手の「弱点」もあります。自分中心であり、一般社会慣れしていない部分がある、自分の考えを曲げない、言葉で説明することが下手…などが考えられます。しかし、それらはスポーツ引退後に教えて貰いさえすれば、スポーツ選手は順応が早く、積み上げることが得意であるがゆえに、すぐ対応できると思います。スポーツの道を進んできた後輩に、生きていく道を開く。それは私達の夢であり、今現在スポーツに情熱を傾けている選手達の不安を取り除くものであると思います。
先日新聞で読んだ記事に、がっかりしました。日米中韓の高校生の意識調査で、「偉くなりたい」は他国の三分の一。日本の高校生は「のんびりと暮らしていきたい」がなんと43%もいたということです。びっくり!もっと元気だしてよ!と叫びたい気持ちでいたところです。星野仙一さんという、スポーツ界のお父さんが「スポーツを愛する若者達の将来」を考えてくださり、私はとても嬉しいです。私は喜んでこの運動を応援させていただこうと思います。