武田美保 武田美保 プロフィール 5歳から水泳の名門、京都踏水会にて水泳を始め、7歳からシンクロコースに転向する。13歳の時に井村シンクロクラブに移籍し、ジュニアの日本代表に入る。17歳でナショナルA代表となり、1997年よりデュエットに取り組み、その後日本選手権7連覇を達成する。 2001年世界水泳福岡大会では、チームデュエットで堂々の金メダルを獲得し、アトランタ、シドニー、アテネの3つのオリンピックで、銀・銅合わせて5つのメダルを獲得する。引退後、テレビ・CM出演、講演、イベント、シンクロを用いたショーなど、様々なジャンルで活躍し、マッスルミュージカルや松任谷由実「YUMING SPECTACLE SHANGRILAⅢ」にも出演し、シンクロで培った経験を生かし、エンターテイメントとして感動と美しさを世の人々に送り届けている。また、アメリカでピラティスインストラクターの公認資格も取得し、新たなジャンルにも挑戦している。

メッセージ スポーツは、人として感じ得る最高の達成感や充実感というものを人生にもたらしてくれる、そんな素晴らしい力を持っていると思います。このプログラムによって、少しでも多くの若者の皆さんが最前線の現場に触れ、感性を研ぎ澄ませながら、その達成感や充実感を実体験し、得た感動を日本中に伝播していって下さることを願っています。私も皆さんと共に熱い志を持ってさらなるスポーツの発展に取り組んでいきたいと思っております。