田中ウルヴェ京 田中ウルヴェ京 プロフィール 1967年東京生まれ。聖心女子学院高等科を経て、日本大学在学中に88年ソウル五輪シンクロデュエットで銅メダル獲得。91年より渡米、米国カリフォルニア州セントメリーズ大学大学院健康・体育・リクリエーション学部修士課程修了。99年からは米国アーゴジー心理専門大学院にて、認知行動療法、スポーツカウンセリングを学び、2000年米国サンディエゴ大学院にて、パフォーマンスエンハンスメント、アスレティックリタイヤメントを学んだ。89年~99年日本ナショナルチームコーチ、アメリカ五輪ヘッドコーチアシスタント、フランスナショナルチーム招待コーチなどを歴任。現在、日本大学医学部講師、筑波大学体育専門学群非常勤講師、日本オリンピック委員会(JOC)情報医科学専門委員会科学サポート部会メンバー、JOCゴールドプラン・セカンドキャリアプロジェクトメンバー、国際水泳連盟(FINA)アスリート委員、日本スポーツ精神医学会評議委員、笹川スポーツ財団評議委員、文部科学省独立行政法人日本スポーツ振興センター評価委員、経済産業省「地域自律・民間活用型キャリア教育プロジェクト」委員、日本スポーツ心理学会認定スポーツメンタルトレーニング指導士補、日本体操協会新体操強化本部(強化スタッフ)メンタルトレーナー。慶應義塾體育會庭球部メンタルトレーナー。企業・地方自治体、教育機関などの講演・研修は年間200を数える。著書に「1日30秒でできる新しい自分の作り方」(フォレスト出版)、「自己プロデュース40の方法」(講談社)、「ストレスに負けない技術」(日本実業出版社)、訳書「スポーツ選手のためのキャリアプランニング」(大修館書店)ほか多数。フリーマガジン「エキリーブル」発行人。プライベートではフランス人の夫との間に2児を持つ。

メッセージ どんなことでも「やる気」だけでは成果がでない。同時に、「やる気」がなければ、何もはじまらない。スポーツでは、最初に「やる気」が必要で、そしてその上に、身体的、技術的、戦略的側面が鍛えられることで、選手は強くなる。しかし、最後の最後で、必要なのは、やはり、「やる気」を超越した「夢を成し遂げる執念」だ。私はこの「夢の成し遂げ方」の机上の理論を、6年半のアメリカ留学で学ばせてもらった。自分が選手時代、がむしゃらにやっていた様々なことが理論と符合したときは、感動だった。結局、アメリカで、「自分の本当にやりたいこと」の棚卸しと、ビジネスの国際性の意味を学ばせてもらったおかげで、現職がある。学ばせていただく経緯には、自分をそれまで育ててくれた競技団体のご支援が必要だった。若い頃にはいろいろな夢の持ち方がある。ゴールが明確な方もいれば、何も決められないのにエネルギーだけは沸々とあって、どうしていいかわからない方々もいらっしゃるだろう。大事なのは、「○○がしたい」と決まらなくても、とにかく「自分を絶対に幸せにしてやる」覚悟だ。その覚悟があるのなら。自分が何をしたいか明確ではない、されど、何かに燃えたい、何か極めたい、何か「自分であることを実感できること」に邁進したい。そのためにはどんなことでも知りたい・・・。そんな若い世代の無限の可能性を持つ皆様に最高の環境を作り出そうとしていらっしゃる、このホシノドリームズプロジェクトを応援します。