笘篠賢治 笘篠賢治 プロフィール 1966年10月11日生まれ。大阪府出身。上宮高では選抜高校野球大会出場。88年、中央大学4年時に主将を務めた日米大学野球で優勝。同年ソウルオリンピック野球日本代表として出場し、銀メダル獲得に貢献した。89年、ドラフト3位でヤクルトスワローズに入団。1年目から二塁手の定位置を獲得、32盗塁も記録し、新人王に輝く。その後も守備走塁の名手、スイッチヒッターとして活躍する。92、93年のセ・リーグ連覇に貢献、さらに93年は日本一に輝く。98年に広島東洋カープに移籍し、99年に現役引退。02年まで広島東洋カープの守備走塁コーチを務めた。現在は野球解説者の側ら、マスターズリーグでも活躍し、子供たちへの指導においても積極的な活動を行っている。

メッセージ 「夢」をもって前に進むことと、「目標」をもって前に進むことと、それぞれに努力の仕方があると思います。また、より高い夢や目標に向かって努力することで、努力の仕方も変わってくると思います。私が現役の頃、素晴らしい結果を残していた周囲の方々は、日々の厳しい練習に耐え、その姿を見て私も非常に影響を受けておりました。素晴らしい結果を残すこと、そのためには厳しい練習に耐えること、そのためには、体力的にも、精神的にも強い身体をつくることが必要となってきます。そのためには、現状に満足することなく「さらに上に!」と、何事にも前向きに立ち向かう強い心を持つことが大切です。この時に努力したことは、後に、様々な分野においても役立っていきます。何年か年が経つにつれて、知識や経験も増え、視野が広がることで、夢や目標が変わってくることもあるかと思いますが、夢は追うだけでなく、明確な目標を持ち、努力することで叶うものだと思いますので、自分にできることを考えて、常に上を目指して頑張ってください。