山本浩二 山本浩二 プロフィール 1969年、ドラフト1位指名で広島東洋カープに入団。「ミスター赤ヘル」の愛称で親しまれ、チームの主力打者として、カープの黄金時代を築きあげた。1975年に初の首位打者に輝き、チームの初優勝に大きく貢献し、その年のMVPにも選ばれた。強肩巧守のセンターとしても知られ、ゴールデングラブ賞を10年連続で受賞。盗塁も通算で231個を記録する俊足で、走攻守と三拍子揃ったプレイでファンを魅了した。1986年、現役を引退するまでに、本塁打王4回、打点王3回、首位打者1回、MVP2回獲得。(オールスターでの14本の本塁打は歴代1位の記録。)背番号『8』は広島東洋カープ初の永久欠番となっている。
1989~93年、2001~05年と広島の監督に就任し、1991年にはチームをリーグ優勝に導いた。2006年から日本テレビ野球解説者。2007年1月に2008年北京オリンピック野球日本代表守備・走塁コーチに就任。2008年野球殿堂入り。

メッセージ 私は野球というスポーツを通して、たくさんのことを学び、経験してきました。思い返してみると、そこには多くの仲間やライバル達の存在があり、彼らに負けたくないという強い気持ちが、自分の力となりました。皆さんもホシノドリームズプロジェクトを通じて、いろんな仲間と出会い、たくさんコミュニケーションをとり、そして自分を磨いてきて下さい。そういった経験は今後何をするにしても必ず活きてくるものになります。私は今年オリンピックという大舞台で「勝負」してきます。いつまでもチャレンジが出来るということは、非常に燃えますし、とても幸せなことです。素直さ純粋さを忘れず、そしてがむしゃらに、自分の夢に向かって「勝負」してきて下さい。